Journal of Veterinary Cardiovascular Medicine

ごあいさつ
 動物循環器病学会は、大学研究室の勉強会から始まり、研究室卒業生を中心とした研究会、そして動物の循環器学を探求したいと考える獣医師および科学者の集団としての学会へと成長してまいりました。動物の心臓病、腎臓・泌尿器病、呼吸器病に関する病態、診断および治療技術の向上および開発に関する情報を共有し、また、臨床試験を実施して獣医療の発展に貢献するべく活動を行なっております。獣医学系の学会が数ある中、本学会は臨床試験を計画し、広くデータを取りまとめて世の中に出していくことに重きを置いている点で独特な存在価値を示しております。
  この度、学会として新たに出発することを期に学会誌も年二回発刊することといたしました。学会誌では症例の中で見つけた些細なヒントから研究報告まで幅広く取り上げ、臨床における疑問点の解決や治験の情報共有によって動物の医療の発展に供することを目標としております。会員の皆様におきましては、症例報告や研究論文を奮って投稿いただき、学会誌を盛り上げるとともに獣医医療の発展に貢献するべく熱意溢れる活動をいただけますよう期待しております。みなさまの弛まない情熱とともに末広がりに長い活動を行なっていく所存でございますので、どうぞよろしくお願いいたします。
 
Journal of Veterinary Cardiovascular Medicine
編集長 上地正実
 
バックナンバー
Journal of Veterinary Cardiovascular Medicineはオープンアクセスです。
論文は、国内最大の科学技術情報プラットフォームであるJ-STAGEに掲載されております。
以下のバナーをクリックしてご覧下さい。
 

 

 

 
 
犬
学会入会のお問い合わせ

表紙
Author guidelines (投稿規定)


SSL GlobalSign Site Seal