動物循環器病学会

ACS メールマガジン

 
動物循環器病学会

動物循環器病学会メールマガジンNo.1(2017.8.16 発行)

 
動物循環器病学会 会員のみなさま
 
平素より格別なご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
 
この度、動物循環器病学会よりメールマガジンを発行する運びとなりました。
 
このメールマガジンでは、心臓病・腎臓病・呼吸器病に関するジャーナルから、選りすぐりの論文のアブストラクトを日本語にしてお届けします。
 
どうぞよろしくお願いいたします。
 
早速ですが、記念すべき第一回は、2017年6月に発行された『Journal of Veterinary Cardiology Volume 19, Issue 3』からとなります。
 
  今回はこの5報をご紹介いたします。
 (アブストラクト訳の全文は以下のURLにて日本語タイトルをクリックしてください。原文のタイトルをクリックすると英文アブストラクトがお読みいただけます。)
 
http://www.jvcvm.org/mailmaga/170816.html
 
(1)ペースメーカー植込みを行なった持続性心房静止の犬の生存期間
 持続性心房静止の犬において、ペースメーカーがあっても亡くなる理由が心臓疾患に直結する訳では無いようです。 
 
(2)リアルタイム3D経食道心エコーガイド下で閉鎖を行なった複雑な動脈管開存症の犬の一例
画像技術もどんどん進化しています。PDA閉鎖術において、その進化した技術が力となり発揮された症例報告。
 
(3)自然発生した粘液腫様僧帽弁疾患の犬におけるアルドステロンブレイクスルー
ACEI投与中の粘液腫様僧帽弁疾患の犬にはアルドステロンブレイクスルーが高率で起こっているようです。そこで、改めて鉱質コルチコイド受容体ブロッカーに注目です。
 
(4)ePTFE腱索移植装置を用いた犬の僧帽弁修復術:パイロット研究
腱索を移植する機械であるHarpoon TSD-5をご存知ですか?アニメーション動画(人)はこちらになります。https://www.youtube.com/watch?v=tfJyvAWScbQ
 
(5)肺高血圧症を併発した/していない粘液腫様僧帽弁疾患の犬における三尖弁輪収縮期移動距離
組織ドプラにて三尖弁輪部の長軸方向の運動を測定するTAPSEという検査項目についての記述です。
 
★投稿原稿の募集!
 
動物循環器病学会では、12月に学会誌『Journal of Veterinary Cardiovascular Medicine』の発行を予定しており、現在投稿原稿を募集しています。
 
日々の診療の中で集まる貴重な情報を、みなさまでシェアさせていただけたら大変嬉しく思います。我こそは、と思われる先生、ぜひ事務局までご連絡ください。お待ちしております!
 
投稿規定については以下をご参照下さい。
 
http://www.jvcvm.org/JVCVM/Instruction_for_Author_Japanese.html
 
★学術集会ハンドアウトをWEBで公開予定!
 
9月30日に開催される第2回動物循環器病学会学術集会のハンドアウトを、9月22日にWEBで公開する予定にしております。詳細につきましてはまたメールでご案内いたします。
 
動物循環器病学会は、動物の命を救おうと懸命にチャレンジする先生方のお力に少しでもなれるよう、これからも情報を発信していきたいと思っております。
 
雨が続く安定しない天候が続いております。夏の疲れが出ませんように、どうぞご自愛くださいませ。
 
一般社団法人動物循環器病学会事務局
 
http://www.jvcvm.org/index.html
 
住 所:〒224-0001 横浜市都筑区中川2-7-3
メール:acs@jasmine-vet.co.jp

電 話:045-532-8451

 
 
犬
学会入会のお問い合わせ

表紙
投稿規定


SSL GlobalSign Site Seal