ACS メールマガジン

 
動物循環器病学会

動物循環器病学会メールマガジン No. 51 (2021.10.31 発行) 

動物循環器病学会の会員の皆様へ
 
こんにちは。みなさま変わりなくお過ごしでしょうか。急に寒くなってきましたね。
鍋がおいしい季節になってきたので、お取り寄せ鍋をして楽しみたいと思います。
大勢で鍋をつつけるのはもう少し先でしょうか。その時が楽しみです。
 
さて、オンラインセミナーの第2回、お待たせいたしました!
今回も、各先生方の好みが非常に表れている興味深い内容になっています。
その内容がうまくフィットする方が会員の先生にいたらいいな、と思っています。
循環器に関する聞きたい内容などありましたらぜひ事務局にご連絡ください。
 
オンラインセミナー#2
エコー検査 高村一樹先生(JASMINEどうぶつ総合医療センター)

  1. プローブを持つ前に確認しておくこと
  2. 僧帽弁逸脱の評価 ←今回はここ

https://vimeo.com/624145864
 
心電図検査 黒河内健太郎先生(JASMINEどうぶつ総合医療センター)

  1. 肢誘導心電図と基本的な判読手順
  2. 胸部単極誘導法 ←今回はここ

https://vimeo.com/638099350
 
臨床研究入門 髙橋絵美先生(JASMINEどうぶつ総合医療センター)

  1. MMVDの文献の網羅的検索
  2. 論文のStatistical Analysisの深堀シリーズpart1 ←今回はここ

https://vimeo.com/590159346
 
動画はvimeoで配信しており、視聴にはパスワードが必要です。
パスワードは、メールマガジンで別途メールを送信いたしますので、そちらをご確認ください。
このオンラインセミナー動画は、会員限定のコンテンツとなっております。
最近ますますオンラインセミナーが増えてきていますね。
動物循環器病学会のこの動画については、時間としては数十分の動画ですが、
編集したり字幕を付けたりとそれなりの作業量になります。
最近は動画サイトで良質なセミナー動画に遭遇すると、ついつい、どうやって撮影しているのかなどの裏側が気になるようになっています。
見やすい工夫の必要性をひしひしと感じています。ぜひご意見ください。
 
また、メルマガの英語論文紹介では、最新号のJournal of Veterinary Internal Medicineに
掲載されていたBESST 研究を選びました。
Stage B2のMMVD犬にACEIとスピロノラクトンを併用した予後の研究です。
内科治療は、いろいろな研究がなされていて、解釈が難しいですね。
そのため、論文を読む勉強に非常になりますし、これまで発表されてきたものを、
歴史を読み解くように読んでいくと非常に面白いと思います。
 
メルマガNo.49の内容はこちらをクリックしてご覧ください。
メールマガジンNo.51
PDFファイルを開くためのパスワードはメールで別途送信しております。
 
それでは、また来月のメルマガもお楽しみに!
 
*************************************
一般社団法人 動物循環器病学会
https://acvms.org
〒224-0001
神奈川県横浜市都筑区中川1-8-37
TEL 045-910-1210  FAX 045-910-1220
info@acvms.org(総合問い合わせ先)
submit@acvms.org(学会誌投稿先)
*************************************
 

 
 
犬
学会入会のお問い合わせ

表紙
Author guidelines (投稿規定)


SSL GlobalSign Site Seal